デスケーラーとはどのようなものか

デスケーラーを使用することでスケールを除去することができます。
スケールとは、主にカルシウムやマグネシウムの硫酸塩、炭酸塩、ケイ酸塩、水酸化物などからなる固形分を指し、ボイラーなどの内部によく見られる現象です。
原因は水が蒸発することで溶解しない成分や揮発しにくい溶解成分が濃縮されることがあり、伝熱面上につき徐々に蓄積していきます。スケールはボイラー導入においては厄介な存在です。
そのまま放置をしてしまうと内部の対流の妨げになるばかりか、最悪、伝熱面の破損につながる可能性があります。

デスケーラーについて考えます。

デスケーラーは、一般の方法では取ることができない硬いスケールを溶かしながら除去することができ、成分には強酸が含まれています。

デスケーラーは、現在、より安全で使いやすいものに進化しています。従来型の問題は大きく2つあり、まず成分による危険性があります。

次に機器内部におけるステンレス表面の不導体被膜の剥離があり、この場合、金属表面のトリートメント剤として処理液を使用して、新たに被膜の再形成を行う必要性が生じることになります。

最新のデスケーラーは改良が行われており、万が一皮膚に付着した場合でも水洗いで簡単に除去できるなど、安全に洗浄作業ができるよう作られています。



また金属腐食が少ない低金属腐食性の成分が使われており、処理速度自体も早くなっています。

デスケーラーは用途によって希釈濃度が異なります。



主な用途にはボイラーの他にも熱交換器やポンプの冷却水系の洗浄があり、造船における貝殻除去やコンクリートミキサー車の回転シャフト内のコンクリート除去、トンネル内の排気ガス汚れの除去などにも使用されます。