デスケーラー導入のメリット

スケールの付着が原因による熱交換器のパフォーマンスの低下は、経費を圧迫する上に分解清掃や点検に労力を費やします。
熱交換器は定期的な清掃点検が不可欠で、それにより設備寿命を長く延ばすことが可能になります。分解修理は時間もかかるために休業しての作業となるために、できるだけ早期の回復を考える必要があります。

こちらのデスケーラーのココだけの話をしましょう。

長年付着して熱くなったスケールを除去することは非常にむつかしく、特殊な設備や作業工数も考えなくてはいけません。



作業工程を考えるうえで従来の薬剤と比較して、優れた効果を有するのがデスケーラーです。

従来の洗浄は配管内に付着したスケールを除去する際に配管内部の加工も破損させるために、配管内部の表面を再度薬剤で処理する必要があります。
デスケーラーは本液だけで除去から内部コーティングまでを行うために、工程の省略と時間短縮が可能になります。

薬剤を使用した線上に関しては廃液処理も必要なために、廃棄方法に関しても神経を使う必要があります。
実際の作業には細心の注意が必要ですが、デスケーラーは体に付着しても安全な物質です。



このため廃液処理も簡単に済ませることが可能になります。

従来の薬液以上に強力な洗浄を持ちながら環境にも人にも優しいデスケーラーは、地球環境にも配慮しながら作業時間の短縮などの能率面にもメリットがあり、安心して使用することができます。

点検作業全体の経費を削減を可能にしながら、長い間その効果を維持することができます。